液体ミルク「アイクレオ」vs「らくらくミルク」徹底比較!

2019年、待ちに待った液体ミルクが発売されました!

2019(平成31)年3月にグリコから「アイクレオ赤ちゃんミルク」が、2019(平成31)年4月に明治から「ほほえみらくらくミルク」が発売されました。日本中のお父さんお母さんが待ち望んだ乳児用液体ミルクです。

でも、「成分に違いはあるの?」「どっちを買えばいいの?」「アレルギーのある子も使えるの?」という疑問もありますよね。

そこで、今回はこの2つの商品を比較してご紹介します。

※以下、成分等を羅列しただけの記述が多々あります。興味のない方は飛ばし読みしてくださいm(__)m大事なところには黄色いアンダーラインを引いています。

販売形態

アイクレオらくらくミルク
容器紙パックスチール缶
内容量125ml240ml
賞味期限約6カ月約1年
価格(※)200円前後220円前後

(※)6月15日に西松屋の店頭で購入したところ、アイクレオ199円、らくらくミルク229円でした(税込)。らくらくミルク発売前、アイクレオはもう少し高かったように記憶しています。

コストパフォーマンスがいいのは「らくらくミルク」です。ただし、開封してしまうと保存できないので、200mlも飲まない(月齢が低い、母乳や離乳食の後に足すときなど)場合は「アイクレオ」の方が無駄になりません。

アイクレオにはストローがついていますが、赤ちゃんがストローから飲むのではなく、哺乳瓶等に移すためのものです。

栄養成分表示(100ml当たり)

アイクレオらくらくミルク
エネルギー68kcal68kcal
タンパク質1.4g1.65mg
脂質3.8g3.50g
コレステロール10mg
炭水化物7.1g7.66g
食塩相当量0.04g0.049g
ビタミンA70μg53μg
ビタミンB10.10mg0.054mg
ビタミンB20.14mg0.081mg
ビタミンB60.05mg0.041mg
ビタミンB120.1~0.4μg0.27μg
ビタミンC39mg7.7~28.6mg
ビタミンD1.3μg0.88μg
ビタミンE2.6mg0.84mg
ビタミンK4μg3.4μg
ナイアシン0.8mg0.41mg
葉酸26μg14μg
パントテン酸0.63mg0.58mg
ビオチン3μg1.6μg
亜鉛0.4mg0.41mg
カリウム92mg66mg
カルシウム41mg51mg
セレン1.6μg1.4μg
0.4mg0.81mg
0.04mg0.043mg
マグネシウム5mg5.4mg
リン32mg28mg

主要な混合物

アイクレオらくらくミルク
乳又は乳製品以外の乳成分乳糖 2.7%乳糖、乳たんぱく質 6.0%
乳脂肪以外の脂肪分別ラード、オレオ油、大豆油、ヤシ油、パームオレイン、エゴマ油、レシチン 3.5%豚脂分別油、大豆白絞油、パーム核油、精製魚油、アラキドン酸含有油脂 3.2%
乳糖以外の糖ガラクトオリゴ糖 0.1%可溶性多糖類、フラクトオリゴ糖 1.1%

配合割合(100ml当たり)

アイクレオらくらくミルク
乳成分 8.5g乳成分 9.1g
調整脂肪 3.5g調整脂肪 3.4g
オリゴ糖 0.1g可溶性多糖類 0.6g
フラクトオリゴ糖 0.5g
ビタミン・ミネラル等 0.1gその他(ビタミン、ミネラル) 0.2g

原材料名

原材料

アイクレオらくらくミルク
調整食用油脂(分別ラード、オレオ油、大豆油、ヤシ油、パームオレイン)乳糖
ホエイパウダー調整食用油脂(豚脂分別油、大豆白絞油、パーム核油、精製魚油、アラキドン酸含有油脂)
乳糖脱脂粉乳
脱脂粉乳乳たんぱく質
たんぱく質濃縮ホエイパウダーデキストリン
ガラクトオリゴ糖液糖バターミルクパウダー
エゴマ油フラクトオリゴ糖
ホエイパウダー
食塩
酵母

添加物

アイクレオらくらくミルク
ビタミンC炭酸カルシウム
レシチンビタミンC
炭酸カリウム炭酸カリウム
塩化カリウム塩化マグネシウム
水酸化カルシウムイノシトール
ビタミンE塩化カリウム
イノシトールクエン酸鉄ナトリウム
タウリンコレステロール
5’ーシチジル酸タウリン
硫酸亜鉛硫酸亜鉛
ウリジル酸ナトリウムビタミンE
硫酸鉄L-カルニチン
ナイアシンシチジル酸ナトリウム
5’-アデニル酸パントテン酸カルシウム
パントテン酸カルシウムナイアシン
硫酸銅ウリジル酸ナトリウム
ビタミンAイノシン酸ナトリウム
イノシン酸ナトリウムグアニル酸ナトリウム
グアニル酸ナトリウム硫酸銅
ビタミンB15’-アデニル酸
ビタミンB2ビタミンB1
ビタミンB6ビタミンA
カロテンビタミンB6
葉酸ビタミンB2
ビオチン葉酸
ビタミンDカロテン
ビタミンB12ビタミンK
ビオチン
ビタミンD
ビタミンB12

アレルギー物質(27品目中)

アイクレオらくらくミルク
乳成分・大豆乳成分

アイクレオにだけ「大豆」の表示があります。大豆アレルギーが疑われる赤ちゃんは注意しましょう。

まとめ:液体ミルクの選び方

いちばん重要なのはアレルギーがある場合です。

  • 乳アレルギーがある場合はどちらも使えません。アレルギー対応の粉ミルクを検討しましょう。
  • アイクレオには大豆成分が含まれています。大豆アレルギーがある場合は、らくらくミルクのほうを選びましょう。

次に、用途によって選びましょう。

  • 長期保存する場合(災害備蓄用など)はらくらくミルクのほうがよい。
  • 一度に飲む量が少ない場合は、アイクレオのほうが無駄にならない。
  • 一度に200ml程度飲むならば、らくらくミルクのほうがコスパがいい。

また、らくらくミルクのほうが少し茶色っぽく見えます。これは製造時の高温殺菌によるものです。気になる方はアイクレオを試してみてください。

粉ミルクに比べると高価なので常用にするのは難しいかもしれませんが、液体ミルクは上手に使えば子育てを楽にしてくれます。「どんなときに使うか」を想定して賢く選択しましょう!

関連記事>>金立サービスエリア(下り)で液体ミルクを発見!

コメント

タイトルとURLをコピーしました