立ち会い出産する?しない?どうやって決める?

出産が近づいてくると、バースプランを考えるよう病院から指示される妊婦さんも多いと思います。

そこでいちばん最初に考えなければならないのが「立ち会い出産にするかどうか」。

ネットの口コミを見ると「絶対に立ち会いにするべき!」という意見もあれば「立ち会い出産にして後悔した」という人がいたり、様々なものがあって迷ってしまいますよね。

我が家も第1子は立ち会い出産になりましたが、そこに至るまではいろいろなことを考えたものです。

今回は我が家が立ち会い出産を決めるまでの経緯をご紹介します。

最初は立ち会い出産をしない方針だった

私は当初、「夫が立ち会いたいなら立ち会ってもいいけど、立ち会い出産でなくてもいいかな」くらいのスタンスでした。理由としては、

  • 私が「応援があるから頑張れる」というタイプではない
  • むしろひとりの方が集中できるのでは?
  • 夫が血やグロいことに強いとは思えない
  • 立ち会わなくても夫は子どもを可愛がってくれるだろう

といったところです。もちろん初産なのですべて想像です。

夫も積極的に立ち会いたいと主張していなかったので、なんとなく立ち会い出産はしない方向で話をしていました。

夫の気持ちが揺らぎ始める

バースプランを考えてくるよう病院から指示されたころ、夫が「立ち会いたくなってきた…」とつぶやきました。

夫は毎回妊婦検診に付き添ってくれていたのですが、先生や助産師さんから色々な話を聞いているうちに興味が湧いてきたようです。

ネットで「夫が分娩室で倒れた」やら「女性として見られなくなった」やらネガティブな感想を見ていたので不安もありましたが、了承することにしました。

立ち会い出産にした感想

我が家は立ち会い出産にしてよかったと思います。

安産だったので私に気持ちの余裕があったこともありますし、夫はずっと私の頭側にいて生々しいtところを見ていないということもあります。

分娩中は、うちわで仰いでくれたり手を握ってくれたり、助産師さんの指示に従いながらできることを一生懸命探してくれていました

息子が生まれた瞬間、夫は感動で泣き崩れたそうです(私からは見えなかった)。入院中に、助産師さんから「私ももらい泣きしそうになったよ~」と言われました(笑)。

どうやって決めたらいい?

最後に、立ち会い出産にするかどうかを決めるときに抑えておきたいポイントをまとめます。

結論がどちらになったとしても悔いのないように、しっかり2人で話し合ってくださいね。

どちらかが拒否している場合は強制しない

バースプランについては基本的には出産する妻の希望を優先させるべきですが、妻が立ち会い出産を希望していても夫が拒否しているのならば強要すべきではありません

むりやり立ち会わせたところで積極的にサポートしてくれるとは思えませんし、父性が芽生えるわけでもありません。むしろ「自分はこんなに苦しいのに夫は何もしてくれない」ことにイライラする可能性が高いでしょう。

逆に、妻が立ち会い出産に否定的なのに夫が立ち会いを希望している場合も注意が必要です。

妻が根負けして立ち会い出産に同意してしまうケースもありますが、99%後悔します。

夫が「どちらでもいい」という場合は妻の希望を叶える

妻が立ち会い出産を希望している場合は「分娩中に夫にやってほしいこと」をあらかじめ伝えておくことをおすすめします。その場合、あれもこれもと欲張ってはいけません。

臨機応変な行動が苦手な男性もいますし、普段はそうでなくてもいざ妻が苦しんでいる様子を目の当たりにするとパニックになる男性もいます。

いうまでもなく、妻が立ち会い出産を拒否しているのに「親が立ち会った方がいいと言うから立ち会いにする」なんてのは論外です。誰得ですかそれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました